2009年03月30日

Closed Note

映画「クローズド・ノート」を見ました。

キャストは、沢尻エリカ、伊勢谷友介 、サエコ、石橋蓮司、永作博美、竹内結子です。

監督は、行定勲です。

まず、映画の感想は、無難な話の映画ですね。

特に山も谷もないストーリーで・・・。

それをキャストと監督が、どう表現するか?

それが重要なのかな?と思って見ていました。

キャストや監督が好きではない場合、見る価値はないです。

ストーリーが面白くないですから。

竹内結子がストーリーの半ばで、死んでいることを知った時は、「どうするんだろう?」と思いましたが、特に山にもならず、話は終わってしまいましたから・・・。

そうなんだ・・・

という感じでしたね。

名作ではないです。

万年筆屋で、車のライトが入るのは、正直微妙でした。

学校が田舎すぎるので、原付で何時間かかるんだろうとか、事故の原因が微妙。

しかも、話だけで終わり。

そこは、もっと山を作るべきなのでは・・・?

と考えてしまいました。

キャストは、やはり沢尻エリカさんでしょう。

かわいい顔して、よくやります。

日本人が好きな顔なんでしょうね。

演技もできますし、笑った顔がいい。

それは、すばらしい才能だと思います。

結婚して、もう戻らないのでしょうか?

残念な気がしてならないです。

サエコさんは、出番が少なすぎましたね。

後半は用なしでしたね。

前半と後半でストーリーが違うことがサエコさんの出方でわかりますね。

大きな花束の人は、いつのまにかいなくなってました。

竹内さんは、久しぶりに見ました。

沢尻さんを食えそうで食えなかったのかなぁ・・・と。

相変わらず、綺麗でほんわかしている雰囲気はいいんですが、将来はないでしょうね。

イメージがそれだけですもん。

木村拓哉さんは、木村さんが演じるとなんでも、木村さんになる。

と言いますが、竹内さんも同じでしょう。

偏りすぎですね。

今後はどうするんでしょうか?

もう一回跳ぶことに期待しています。

永作さんは、好きな女優の1人です。

相変わらず、脇を固める女優ですね。

何でもできる。

それが永作さんの強みです。

この映画でも、すばらしい永作さんが見れました。

今後も、永作さんのような人が、脇を固めてくれればいいと思ってます。

後から知ったのですが、沢尻さんの「別に」は、この映画なんですね。

言いたくなる気持ちはわかります。

脚本が微妙。

監督の腕は・・・?

と、私も思いました。

キャストだけで成り立っている映画だと感じました。



<PR>転職
<PR>歯科矯正
<PR>滑舌
<PR>オーディション
<PR>レーシック
<PR>体脂肪
<PR>禁煙
<PR>花粉症





posted by NIR at 19:03 | Comment(0) | 映画 人気ブログランキングへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。