2009年04月29日

クワイエットルームにようこそ

映画「クワイエットルームにようこそ」を見ました。

キャストは、内田有紀、宮藤官九郎、蒼井優、りょう、妻夫木聡、大竹しのぶです。

監督は、松尾スズキです。

ストーリーは、フリーライターの内田さんが、目が覚めたらなぜか、クワイエットルームという、精神病院の閉鎖病棟にいました。という所から始まります。

最初から「?」という設定で、謎を解いていく邦画は珍しいですね。

ですが、洋画の「CUBE」「ソウ」と同じ始まりなので、これも流行でしょうか?

昔はなかった映画の始まりですからね。

メインの内田さんは、1つ1つ思い出していくんですが、場所が精神病院、しかも閉鎖病棟。

かなりの難色です。

それに、かなり個性的な人が揃っています。

ご飯が食べれない人、食べない人、お金に執着心がある人、それぞれ理由があるのですが半分ぐらいは説明してくれます。

感想は、面白い話ではあります。

ですが、この映画でいう「面白い」というのに、ちょっとついていけませんでした。

仏壇を銀色とか・・・

設定ではマリファナ(かな)をやっていたので、何でもありのようですけど・・・

オチも、その「面白い」というのと絡めて罰ゲームとして終わる。

なんかなぁ・・・

それと、内田さんのクワイエットルームに入った理由は解決なんですかね?

少し、そのへんがわかりずらいような・・・

ですが、ストーリーの流れは面白いです。

イタイシーンが多いですが、他の邦画にはない、新しさががあります。

内田さんは、本当に久しぶりに見ました。

もう隠居されているのかと思いました。

内田さんは、今の役者にはないカッコ良さがあります。

篠原涼子さんのような、ビシっとしたものではなく、女でありながらといかなんというか・・・

そこが一番の魅力ですね。

芸能活動をまだされているなら、もっと見ていたいですね。

宮藤さん。

俳優業も始められているようで・・・

別の作品でも1度だけ拝見しましたが、役者としては微妙ですね。

ネームバリューがあるからできる演技であって、ネームがない人にはできない演技だと思います。

ですが、個性はありますね。

あまり宮藤さんのようなタイプの演技は見ないので、あと何作か出演されたら、面白い演技になっているのかな。と思いました。

蒼井さん。

今とは大違いですね。

昔はこんなだったのか。と思いました。

いい所が伸びた、いい例ですね。

すこしマイクで拾いきれていない台詞がありましたけどね。

今は、ほぼメインの役なので、ちゃんと調整してくれているみたいですけどね。

りょうさん。

きついですね。

演技ではなく、役がですが。

りょうさんのような、ちゃんと支えてくれる役者は好きなので、またピッタリの役を演じてほしいです。

台詞は相変わらず、少し聞きづらいですが・・・

映画は面白いです。

あまり拒否する人が少ないような、いいできばえだと思います。

ですが、描き方が差別という枠に入るのか、入らないのか、ギリギリでしょうか?

なんでもかんでも、同じにはできませんがね。

評価
★★★★★★★(7点)



<PR>転職
<PR>歯科矯正
<PR>滑舌
<PR>オーディション
<PR>レーシック
<PR>体脂肪
<PR>禁煙
<PR>花粉症
<PR>くびれ




posted by NIR at 19:23 | Comment(0) | 映画 人気ブログランキングへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。