2009年04月28日

アリーナロマンス

映画「アリーナロマンス」を見ました。

出演は、田中康寛、池田光咲、坂本佳菜子、掟ポルシェ、石黒彩です。

監督は、板垣英文です。

ストーリーは、アイドルとアイドルオタクの話。

アイドルの追っかけをやっていて、好きな女の子ができて、その子をアイドルにするストーリーです。

いわゆる、アキバ系ですかね。

モーオタの監督の実話を元に書かれた話のようです。

だから、石黒さんが出ているんですかね?

チラっとですけど。

監督は初めての作品で、役者の卵のような人が出ているのでしょうか?

詳しくはわかりませんが・・・

基本、たどたどしい演技です。

噛んでるような、微妙な台詞と、歩くときに右手右足が一緒に出ている歩き方・・・

初々しいですが、それを考慮しないと疲れます。

大幅なストーリーはありとして、リアリティに欠けるシーンが数箇所。

予算の問題もあると思いますが・・・。

メインの芹沢舞華をリンチするシーンは、なぜ3人?

あんなにイケイケな性格だったら、もう少し頑張って欲しいですね。

それと、髪を切るのも、「台本に切るって書いてあるから切るの」という位置を切りますが・・・

おいおい・・・

女優魂もなにもないなぁ・・・と。

朝の登校シーンも微妙な早足?スキップ?

妙にメークの濃い役者とか・・・

突っ込み所がありすぎるので、これくらいで・・・

それと、カメラアングル最悪。

なぜか、引きで撮っていたり、なぜか寄りだったり、変なアングルがありました。

メールに寄るカットも、1秒でしょうか?

そんな秒数では、メールが読めません。

つまり、その瞬間はストーリーについていけません。

後になって、メールを予想する。

おかしいですね。

ですが、たまにはこんな映画もいいですね。

そこ変。

とか、自分なら違うやり方をするとか思いながら見ていました。

評価
★★(2点)





<PR>転職
<PR>歯科矯正
<PR>滑舌
<PR>オーディション
<PR>レーシック
<PR>体脂肪
<PR>禁煙
<PR>花粉症
<PR>くびれ





posted by NIR at 23:07 | Comment(0) | 映画 人気ブログランキングへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。