2009年04月23日

包帯クラブ

映画「包帯クラブ」を見ました。

出演は、石原さとみ、柳楽優弥です。

監督は、堤幸彦です。

映画のストーリーは、傷ついたモノに包帯を巻いて癒してください。というクラブの話です。

傷ついたモノは、基本的にモノなので、公園のブランコ前でフラれたので、ブランコに包帯を・・・

など、対象は何でもアリです。

優しいストーリーで、傷つくことが多い社会に生きる人にとっては、共感できるストーリーです。

私も、こんなクラブがあったら、お願いしたいことは沢山あります。

ただ、包帯を巻いたからって、どうにもなりません。

心の傷は体の傷とは違いますから。

癒しなのか、偽善なのかは人によって捉えかたは違います。

映画の中にも出てきますが・・・

それを偽善だと思ったら、この映画はなしでしょう。

この映画は、やはり柳楽さんでしょう。

カンヌだとか、自殺未遂とか、大きな話題が出ています。

ですが、カンヌという色眼鏡がなくても、よい演技が見れます。

私は、全く知りませんでした。

・・・名前も。

石原さんは、相変わらず微妙な演技です。

噛みそうで噛まないような、ミスしそうでしないような・・・

親の気持ちになって見ていました。

そして、堤監督。

この監督は好きです。

どちらかと言えば、ポップな若者うけするような映画のイメージがあり、見やすい、楽しめる映画を製作するイメージがあります。

ですが、この作品でイメージが変わりました。

映画のメッセージをしっかりと受け止め、表現できる監督だと思いました。

20世紀少年は失敗ですがね。

堤監督の責任ではなく、構成やらなにやらにあると思いますが・・・

映画のメッセージは非常にすばらしい作品です。

私もそうでしたが、タイトルが受けるタイトルではない所が微妙です。

原作がどれくらい話題になったかはわかりませんが、映画では石原さん、柳楽さんの2本柱の映画ね。

で終わるぐらいの魅力しかありません。

見れば、もっと映画の魅力に気がつくのですがね。

評価
★★★★★★★★★★(10点)



<PR>転職
<PR>歯科矯正
<PR>滑舌
<PR>オーディション
<PR>レーシック
<PR>体脂肪
<PR>禁煙
<PR>花粉症






posted by NIR at 10:52 | Comment(0) | 映画 人気ブログランキングへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。