2009年04月25日

エヴァンゲリオン 最後のシ者 2

エヴァンゲリオン 最後のシ者打ちましたか?

私は初日に負けて以来、また行きました。

周りが出ていたら、打とうかなと思ったんですが・・・

出てる、出てない以前に、お客がいない・・・。

お客はすでに吹っ飛んでましたね。

新台なのに・・・。

久しぶりに見ました。

名のある台で、すでにガラガラの空席だらけ。

そりゃ、あれじゃあね。

出来が悪すぎます。

クソ台と言われても、しょうがないです。

で、世間ではどうなのか?

クソだと思っているのは、私だけか?

と思って、ネットで調べていたんですがね。

叩かれまくってるんですよね。

そりゃ、当然ですね。

無能な製作者。

何がしたかったんでしょう。

映画公開前に、明らかにミスした台を出して、エヴァファンまで飛ばしたんじゃないでしょうか?

映画の動因が悪かったら、次の台は出ないかもしれませんね。

宣伝にならないですもん。

<PR>転職
<PR>歯科矯正
<PR>滑舌
<PR>オーディション
<PR>レーシック
<PR>体脂肪
<PR>禁煙
<PR>花粉症


posted by NIR at 22:33 | Comment(0) | パチンコ 人気ブログランキングへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

草なぎ事件

SMAPの草なぎさんの事件。

報道しまくってますね。

今の芸能ニュースは、こればっかりですね。

稲垣さんの時も、これぐらいやってましたっけ?

日本のトップアイドルと言ってもおかしくないぐらいの、SMAP。

その仕事は予想よりはるかに大変みたいですね。

草なぎさんは、のほほーんとしているし、プレッシャーはないような感じで見ていましたが・・・。

違うみたいですね。

と、お酒は沢山普段飲んでいます。

と書かれていましたが、普段は誰が止めていたのでしょう?

酔った勢いで店員に「若者よ〜」と書かれていましたが、酔っ払いの一言ですよね。

ニュースにすることではないし、そんなことを言っている人は新橋に行けばうじゃうじゃいるのでは。

トップアイドルがするから、問題。

かもしれませんが、手のひらを返すように、重箱の隅をつつくようなメディアのやり方は、いかがでしょう?

散々、事務所のパワーで押さえつけられていたみたいですから、問題がおこれば手のひらを返したくなるのも、わかりますがね。

ですが、敵意むき出しで、こんなに報道するようなニュースではないです。

このニュースは、いつまで続くのでしょうか?

<PR>転職
<PR>歯科矯正
<PR>滑舌
<PR>オーディション
<PR>レーシック
<PR>体脂肪
<PR>禁煙
<PR>花粉症


posted by NIR at 19:11 | Comment(0) | 芸能 人気ブログランキングへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京少女

映画「東京少女」を見ました。

出演は、夏帆、佐野和真、福永マリカ、近藤芳正、秋本奈緒美です。

監督は、小中和哉 です。

当時は少しは話題になっていたのかな?

オムニバスのドラマがやっていたりしたので、私はほとんど名前を聞きませんでしたが・・・。

この作品、夢はあります。

が、微妙なフィクションです。

携帯がワームホールを越え、なぜか、100年前にいき電話で話す。

誰が考えたのでしょう?

映画全体を見て、やっつけ仕事のような印象が、あちらこちらで見られます。

100年前に携帯電話で話していて、驚くのは佐野さんの妹だけ。

夏帆さんも、演技しずらい設定なのはわかりますが、ほぼノーリアクション。

今と比べたら演技に慣れていないせいもあると思いますが、微妙すぎです。

それと、やはり携帯に違和感を感じます。

電池の切れるタイミングや、時間はいいと思いますが、どうしても親近感はないですね。

それと、佐野さんの携帯を初めて触った時のアクションはひどいですね。

あれでは、素人の演技です。

わざとらしい。

滑舌も最悪。

ガムでも噛んでいたのでしょうかね?

そこそこ芸歴があるので、やる気がないとしか、言えない演技でした。

散々叩いて、最後に上げるのは微妙ですが、おばあちゃんのシーンは良かったです。

ある意味、この映画の最優秀賞は、おばあちゃんではないでしょうか?

評価
★★★(3点)




<PR>転職
<PR>歯科矯正
<PR>滑舌
<PR>オーディション
<PR>レーシック
<PR>体脂肪
<PR>禁煙
<PR>花粉症


posted by NIR at 16:49 | Comment(0) | 映画 人気ブログランキングへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャカリキ!

映画「シャカリキ!」を見ました。

出演は、遠藤雄弥、中村優一、鈴木裕樹、南沢奈央、原田泰造、柄本明、温水洋一です。

監督は、大野伸介です。

制作に渡辺ミキ が入っています。

さすがは、ワタナベですね。

取締役の名前を制作に入れるんですから。

この映画は、漫画が原作で、原作漫画は350万部を売り上げているヒット作です。

私は読んだことありませんが、面白いんでしょう・・・。

映画の感想は、自転車を題材にしている分、地味です。

車の映画と同じで、結果がわかるので、演出やストーリーでどこまで楽しませるかがカギだと思っていました。

正直、微妙です。

明らかに、他のレースモノと一緒。

ただ題材が、自転車になっただけ。

それと、キャストの演技力不足もあると思います。

特に、メインの遠藤さん。

関西弁が変というのと、声の質が役と合っていない、ガチガチダラダラのメリハリのない演技はなんでしょう?

芸歴は沢山あるみたいですが、これでは厳しいのではないでしょうか?

自転車なので、車と比べたら演出が難しいのは、わかりますが全体的に走っているはずなのに疲れがありません。

つまり、顔の演技ができていないんですね。

細かいストーリーも微妙です。

いきなり自転車部に入って、すでに決まっているエースやらなにやらがあって、説明はなし。

エースの凄さは、最後まで伝わらず。

エースの告白もどうなったか、わからず。

ライバルユタのアシストはレース中、いませんでしたし。

レース最後の所も、アシストをしているのか、していないのかが、わからず。

レースが終わるらへんで、「後は頼んだ」と言っていたので、この台詞で気がつく・・・。

叩けば沢山出てきそうな、ダルダルな設定です。

なぜ、映画にしたんでしょう?

原作がヒットしているのに、もったいない映画です。

もっと、うまくできたはずです。

評価
★★(2点)



<PR>転職
<PR>歯科矯正
<PR>滑舌
<PR>オーディション
<PR>レーシック
<PR>体脂肪
<PR>禁煙
<PR>花粉症


posted by NIR at 00:03 | Comment(0) | 映画 人気ブログランキングへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。