2009年04月26日

さくらん

映画「さくらん」を見ました。

キャストは、土屋アンナ、椎名桔平、成宮寛貴、木村佳乃、菅野美穂、永瀬正敏、美波、小泉今日子、石橋蓮司、夏木マリ、近野成美、小栗旬。

演出は、蜷川実花です。

メチャクチャ豪華なキャストですね。

小栗さんは、ちょい役です。でも寄りで、小栗スマイルがあるのでわかりました。

小栗さんは演技ができるとは思わないので、私はちょい役で丁度いいのですが・・・。

この映画のストーリーは、吉原に土屋さんが売られて育つまで。

色恋の話ですね。

時代劇ものは得意ではないので、理解できない所が多々ありました。

まず、吉原とは、そんなに偉いのか?

なぜ、土屋さんの名前が途中変わるのか?

よくわかりません。

内容としては、わからないなりに理解したんですが、やっぱり微妙・・・。

最後まで見ましたが、途中完全に飽きていました。

なぜ、メインが土屋さんなのか?

正直、土屋さんは微妙だと思います。

ヤンキー色が強すぎて・・・

吉原は、もう少し、清楚というか綺麗というかのイメージがあったので、浮きまくりのような・・・。

眉毛もないし。

なぜ?

逃亡くそたわけを見たばかりなのに、美波さんはわかりませんでした。

ズラのせいでしょうか。

椎名さんは相変わらずですね。

やっぱり全体的に、微妙です。

評価
★(1点)





<PR>転職
<PR>歯科矯正
<PR>滑舌
<PR>オーディション
<PR>レーシック
<PR>体脂肪
<PR>禁煙
<PR>花粉症



posted by NIR at 23:40 | Comment(0) | 映画 人気ブログランキングへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぼくたちと駐在さんの700日戦争

映画「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」を見ました。

出演は、市原隼人、佐々木蔵之介、石田卓也、加治将樹、脇知弘、麻生久美子、豊田エリー、ガッツ石松、竹中直人 です。

監督は、塚本連平です。

ストーリーは、悪戯好きの高校生グループが新しく町に来た駐在さんを負かそうとする話です。

駐在さんは小さな町のルールになりますから、高校生グループが歯向かうのもよくわかります。

やんちゃな市原さんには、ぴったりのストーリーですね。

映画の感想は、予想していたよりは面白いです。

何も考えず見れる映画ですね。

大人の人は昔を思い出して見ると面白さが、よくわかります。

バカバカしさというか、私も田舎出身なので、この気持ちはよくわかるので、親近感がありました。

映画なので、ありえないんですけどね。

祭りで花火を盗むシーンの喧嘩はいいシーンですね。

友情がよく描かれていたと思います。

女装は気持ち悪いですが、高校生という設定ならありかな。と思います。

ラストはいいですね。

駐在さんが花火代を持つシーンは、流石です。

演技は、全体的に、そこそこです。

蔵之介さんがいい味を出しています。

普段のまんまと言ったら、そうなんですけど。

市原さんファンと、学生の人には見て欲しいです。

タイトルで700日と言っていて、途中で終わってしまうため、続編がありそうなんですが・・・

どうなんですかね?

たぶん作らないんだろうなぁ・・・

と思っていますが。

評価
★★★★★★★(7点)




<PR>転職
<PR>歯科矯正
<PR>滑舌
<PR>オーディション
<PR>レーシック
<PR>体脂肪
<PR>禁煙
<PR>花粉症


posted by NIR at 13:19 | Comment(0) | 映画 人気ブログランキングへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。