2009年03月25日

アフタースクール

主演は大泉洋、監督は内田けんじのアフタースクールです。

いやー、すばらしい。

キャストが、堺雅人、佐々木蔵之介、常盤貴子、伊武雅刀と豪華。

しかも、私の好きなキャストばかり。

見てる時に思いました。

何も知らずに借りているので・・・

堺さんは、またですね。

先日、クライマーズハイを見ていたので・・・。

でも、この人、すばらしいですね。

なかなか、いい演技するんですよ。

調べたら、劇団出身なんですね。

劇団出身の役者は、実力がある役者ですが、この人もそうですね。

これから、流さずに注目します。

そして、なんと言っても、常盤さん。

相変わらず、美人で。

一度、お会いしたことがあるんですが、美人ですよ。

まっすぐな人でね。

佐々木さんも、めんどくさそうな役好きですね。

好きでやっているのではないか。

ですが、いい味出てました。

伊武さんは、いいオチしてました。

そこで落とすんだ?

と思いました。

あの顔で、オチまでやるところが、この人のいい所。

硬すぎず、やわらかすぎず、いつもいい流れを作ります。

キャストばかりではなく、台本がいいんですかね。

前半は、正直失敗した。

と思ってみていました。

豪華キャストのクソ映画とか、オチなし映画と思ってました。

すまん。

ですが、後半・・・

「え?」「なんで?」

という急展開。

ダマサレタ・・・

前半にクソ映画と思いながら見ていたため、理解することが間に合わない。

そんな隙を与えない。

そんな急展開です。

もう一度見たくなります。

下駄を履いた評価ですが、お勧めできます。

ぜひ、見てください。

そして、田畑智子さん。

もう少し演技力をつけて欲しいです。

ドラマ「天体観測」以来、名前を耳にしなかったので、いい役所の仕事をしていないんだと思います。

たぶん、それは演技力が大いに欠けているのだと、映画を見て思いました。

出まかせだけの台詞では、このキャストではすぐに、バレます。

ってか、浮きます。

演技をしているのではなく、やらされている感は映画の最後まで消えなかったですね。

こんないい役に対して、 田畑さんを入れ込んだことは、事務所を評価するべきだと思いますが、ボロボロだったと思いました。

次回作では、ぜひ挽回をしてほしいと、心から思っております。



<PR>転職
<PR>歯科矯正
<PR>滑舌
<PR>オーディション
<PR>レーシック
<PR>体脂肪
<PR>禁煙
<PR>花粉症






【映画の最新記事】
posted by NIR at 17:01 | Comment(1) | 映画 人気ブログランキングへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは
コメントありがとうございます。

これからも宜しくお願いします。
Posted by 笑うアフィリ at 2009年03月25日 18:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。